124
  2018年04月17日    

ランニングエコノミー(ランニングフォーム)の重要性と改善のヒント

ランニングエコノミーは自動車で例えるところの燃費の良さです。理想的なランニングフォームとは重力の力をうまく利用し、少ないエネルギーで大きな出力を出すことができる効率のよい走り方を言います。改善できると「より楽に」「より速く」走れるようになるランニングエコノミーを高めるためのヒントを箱根駅伝や実業団での競技を経験しているSPORTS SCIENCE LABのスタッフが紹介します。

SPORTS SCIENCE LAB

練習会に積極的に参加し、フォームの良い人の後ろを走る

ランニングチームなどの練習会に参加している方はランニング経験豊富なペーサーの後ろについて走ってみるのも良いと思います。ペーサーの後ろにつくと自然とペーサーの走りのリズムと同調して走ることができるようになります。ペーサーの後ろを走っていると楽に感じるのはこの効果もあります。
繰り返し、ペーサーのいる練習会で走ることで、ランニングフォームをコピーすることができるようになります。我々の主宰する練習会でも継続して参加していただいているランナーは走力アップだけでなく走り方にも改善が見られています。

走る前には上半身をほぐす

特に普段デスクワークに携わられている方やパソコンの利用が多いお仕事の方はご自身が思っている以上に上半身が凝り固まっています。ランニングエコノミーの観点からは実は上半身はとても重要な役割を担っています。効率の良い走り方は上半身と連動して、体全体をうまく使いながら走ることで実現できます。上半身が固い状態で走っていると連動性を伴った走り方ができず、力みすぎたり足の力に頼った走り方になってしまいがちです。
ポイント練習やレースの前は特に上半身(特に肩甲骨)をほぐしておくことをオススメします。

肩甲骨のストレッチで上半身に連動したランニングフォームを

日常生活における改善

デスクワークなど座って日常を過ごすことが多い方は、日常生活の習慣を見直すことで、体のバランスを改善することもできます。座りっぱなしの状態が続くと、特に股関節部分の腸腰筋が固まってしまいがちです。定期的に立って凝り固まった部分を伸ばすようなストレッチを行うのが効果的です。
また、足を組みながらの仕事は体に大きな左右差を引き起こします。無意識のうちに行っている足組みは必ず左右どちらか一方の足が上に来る組み方となっているはずです。加えて、パソコンでの作業の多い方は猫背になっていることが多く、姿勢の改善を心がけると良いでしょう。

デスクワークには腸腰筋を伸ばすストレッチがオススメ


今回はランニングエコノミーやランニンフフォームといったなかなかアドバイスが難しい内容について紹介をさせていただきました。
ランニングフォームが崩れている状態で、ポイント練習など高強度の練習を繰り返しても、思うような結果が出なかったり、怪我につながったりしてしまいます。そういう意味ではランニングエコノミーは心肺機能や脚筋力の土台となるランナーにとってはもっとも重要な要素になります。
ランニングフォームは人によって違いが大きいのですが、長い目で見て自分に合った走り方を模索していくと大きな効果が表れます。以前よりも楽に・速く走れるようになり、ランニングがもっと楽しくなると思います。

SPORTS SCIENCE LAB
SPORTS SCIENCE LAB
箱根駅伝優勝・実業団駅伝日本一の経験をもとに、「マラソンに役立つ」情報を発信していきます。
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: トレーニングに関するTips


キュレーター紹介
SPORTS SCIENCE LAB
SPORTS SCIENCE LAB
箱根駅伝優勝・実業団駅伝日本一の経験をもとに、「マラソンに役立つ」情報を発信していきます。

no comments

SNSでランチップスをフォローしよう!