72
  2017年04月02日    

通勤ラン・帰宅ランからトレイルランニングまで。初めてのランニングザックの選び方

初めてランニング用ザックの購入を検討する際に重視すべきポイントをまとめました。ランニング用ザックは1つ持っているとランニングの楽しみ方が変わります。

ランチップス編集部 2,451 views

通勤ラン・帰宅ランを始めたい、トレイルランニングを始めたいという時に迷うのがランニング用のザックの選び方です。
今回は通勤ランからトレランレースまでザックを選ぶ上で重視したいポイントとオススメザックを紹介します。
ランニング用ザックはいかにランニング中のストレスを減らすかという視点で、見た目よりも機能性を重視して選ぶことをお勧めします。

揺れにくいランニング専用ザックから選ぶ

最近は通勤用に各社から機能性に優れたザックが発売されていますが、走る時に背負うザックはランニング専用として発売されているザックを選びましょう。
ランニング専用に発売されているザックと、通勤用のザックの違いは揺れにくさです。ランニング用ザックを背負ったことが無い方は、初めて背負った時に驚くほど走りやすさを実感すると思います。
ザックを試着する時には少し荷物も入れさせてもらい、揺れにくさをチェックすると良いでしょう。

荷物を下さずに走れるか

揺れにくさの次に重視したいのが、荷物をいかに下さずに走れるかです。ザックを下さずに走るには、ザックの前面にどれだけ荷物の出し入れができる収納が充実しているかがポイントです。
通勤ラン中には帰り道を確認したり、時には写真を撮影したりなどスマートフォンの取り出しが多くなります。また給水用として500mlペットボトル、その他、小銭やsuicaなど電子マネー、鍵、イヤホンなどを前面に収納できると便利です。
また、トレイルランニングで使用する場合は地図・スマートフォン、水分や補給食が出し入れできるポケットがあると便利です。
いずれにせよザック前面の収納は多いに越したことはありません。

重心設計を考慮

走りやすさといった点においてザックは重心設計も重視したいポイントです。
腰回りよりも肩甲骨周り(できるだけ上半身の上側)に重心が来るように設計されているザックは重量を感じにくく、ランニング中に前傾姿勢がキープしやすくもなり、疲れにくくなります。
また、荷物の詰め方でも重心は工夫できます。登山用ザックの収納ノウハウを活用し、重い荷物はできるだけ上に、軽い荷物はできるだけ下に収納することにより、重心が上半身の上部にキープされ、重さを感じにくくなります。

荷物が多めの通勤ランにオススメのザック

着替え・シューズ、パソコンなどの仕事道具を入れる必要がある場合は20Lの容量を目安としたザックを選ぶとい良いでしょう。
オススメはULTIMATE DIRECTIONのFAST PACK20です。
このザックは圧倒的に収納力に優れています。500mlのボトルを最大3本入れることができ、前面の収納も充実しているので、ランニングザックを下さずに通勤ランをできます。
また、ザックの入り口が大きく開くので、荷物の出し入れがしやすく、13インチのノートPCであれば余裕で入ります。
大きな背面のネット状収納は着脱のあるウィンドブレーカーなどを出し入れできます。

通勤ランからトレイルランニングまでマルチに使えるザック

着替えのみなど荷物が少なめの通勤ランやトレイルランニングでもレースからトレーニングまで幅広く使用できるのが、容量10リットル前後のランニング用ザックです。まず最初にザックを1つ買うとしたらこの大きさのザックをオススメします。
収納性・揺れにくさなど全てにおいてバランスに優れているのがTHE NORTH FACEのTR 10でオススメです。

トレイルランニングレースにオススメのザック

トレイルランニングのレースで記録を狙いたいランナーや短い距離のレース用に選びたいザックは、前部の収納と軽量性を重視して選ぶと良いでしょう。
最近はザックの背面に収納するハイドレーションシステムよりも、ザックを下さずに水分補給できるソフトフラスクを好まれる方が多いです。
4-8L前後の容量で、SALOMONのS-LAB SENSE ULTRA 8 SETがオススメです。
最新モデルは前面の収納が充実し、フィット感も向上し大幅にアップデートされている印象です。
8Lのザックでも重量はわずは200gで、Tシャツ1枚分程度の重さです。

最後に

ランニング用ザックは体型によって合う合わないがあるので、できれば一度店舗で試着をしてから購入すると良いでしょう。
荷物を持って走れるようになるとランニングの世界が一気に広がるので、これを機会に1つランニング用のザックを新調してみてはいかがでしょうか?

ランチップス編集部 ランチップス編集部
ランチップスの運営スタッフがランニングが楽しくなる、トレーニングに役立つ情報を発信します。
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします



キュレーター紹介
ランチップス編集部
ランチップス編集部
ランチップスの運営スタッフがランニングが楽しくなる、トレーニングに役立つ情報を発信します。

no comments

SNSでランチップスをフォローしよう!