74
  2017年03月30日    

ランニングで仕事の生産性を上げるために知っておきたいこと

ランニングを通して、より仕事の生産性を上げたいと思った時に知っておきたい内容をまとめてみました。ランニングは工夫次第でビジネスでも大きな武器になります。

ランチップス編集部 710 views

ランニングを習慣にしている経営者やトップビジネスマンは多く、仕事においても良い影響を実感しているようです。
眠っている時間以外はスマートフォンやパソコンで常に情報が入ってくる現在、ランニングは一切氾濫するオンラインの情報を遮断し、完全に一人になれる貴重な時間だからかもしれません。
今回は仕事の生産性を上げるためのに知っておくと良いランニングとビジネスの関係性について紹介します。

トレーニング強度と仕事の関係性

ランニングの運動強度と仕事の生産性には相関関係があります。
強度の高いトレーニング(スピードトレーニングや20km以上の長距離走など)の後は仕事をする意欲が明らかに減退します。自分自身の経験でも高強度トレーニングの後はパソコンを開いたりする気もなくなります。体力的な疲労もあるのですが、強度の高いトレーニングは身体的な負荷を克服する精神力が必要であり、メンタル面でも消耗を余儀なくなされていることも大きな要因です。
逆に強度の低いトレーニング(30分〜1時間程度気持ちのいいペースでのジョギング)は体の血液循環を促し、ランニング後は頭が冴え、心身ともに仕事に集中しやすいコンディションに繋がります。

出勤前のランニング

仕事の生産性を考えた場合、出勤前のランニングが一番おすすめです。もちろんペースは気持ちよく感じるくらいのゆっくりペースのジョギングです。朝のランニングは太陽の光を浴びることにより、体内時計をリセットする効果もあり、生活リズムを整える意味でもオススメです。
ランニングで血液循環を促された脳は仕事を始めるには最高の状態になっています。「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンという物質の分泌を促し、ポジティブな気持ちで仕事に臨むこともできます。また、ランニング中にある程度仕事に対して意識が向いていると、1日の行動をイメージしたり、アイデアが舞い降りてくることもあります。

以下の書籍では運動は学習能力向上・集中力維持やストレス発散・精神安定などに効果があることを多くの実験や事例を元に紹介されています。興味のある方はご参照ください。

仕事後のランニング

仕事終わりのランニングはその日1日の仕事のストレスを発散したり、気持ち的にリセットしたい時にオススメです。夜しか楽しめない夜景を楽しんだり、ランニングイベントに参加してみると脳にも新しい刺激が入り、何か仕事につながる新しいアイデアや気づきがあるかもしれません。ただ、夜のランニングは睡眠直前に行うと交感神経が高まり、人によっては寝つきが悪くなってしまいます。体調や目的に合わせて自分に一番合ったランニングのタイミングを見つけられると良いでしょう。
記録を向上を目指しながら、仕事もバリバリ頑張りたい方は平日行う高強度トレーニングはなるべく仕事終わりに行えると良いです。

ランニング中に思考を整理したりアイデアを出す方法

仕事に活かすランニングの応用編として、ランニングを実践的な思考の整理やアイデア出しの時間としても使えます。
コツとしては自分がアイデアを出したいテーマや結論を出したい課題などについてのみ頭の中でフォーカスするようにします。不思議なもので走っていると1つのテーマにフォーカスしようとしても色んな考えや雑念が入り込んで来ます。そういった意味ではランニングは座禅に近いかもしれません。もし雑念が入って来たり、他のことを考えてしまっても、テーマについて考えるように再度思考を戻します。具体的なアイデアが出なくても「○○○を実現するにはどうしたらいいか?」というような感じで心の中でつぶやきつづけるような形でも大丈夫です。
そうしていると稀に「×××はどうか?」みたいな形で1つの着想に至るケースがあります。そういった着想が舞い降りて来た後には不思議とアイデアが水を切ったように広がることがあります。ひらめきがあった時は瞬間的にメモを取ることが重要です。アイデアが降りてきてから少しでも時間が経つと頭から消えてしまうのがアイデアです。便利なのが、スマートフォンのボイスメモです。スマートフォンに独り言をつぶやいている姿には違和感があるかもしれませんが、アイデアを最も逃しにくいメモの残し方です。走った後にボイスを文字として起こしておくと良いでしょう。

ビジネスの繋がりをランニングでつくる

時として、ランニングを通して出会った友人と一緒に仕事をすることもできます。ランニングに仕事を持ち込みたいくないという方は抵抗があるかもしれません。
もちろん仕事の繋がりを求めてランニングをするわけではありませんが、基本的にランニングでできた友達は信頼関係のベースがあるので、仕事においても本音ベースで相談しやすいです。
同じ業界や仕事で繋がりがありそうな人たちが集まるランニングコミュニティに身を置いてみるのも一つの手です。仕事上での情報共有や協業がしやすくなります。
ざっくりとした情報交換レベルの打ち合わせは走りながら行うランミーティングがオススメです。ランチMTG以上に会話が盛り上がります。

最後に

ランニングが仕事のためだけになってしまうと楽しくなくなってしまう可能性があり、そうなるとランニング自体を継続できなくなってしまいます。
仕事の生産性を上げるためにランニングを始めてみたい方も、趣味としてランニングを楽しめると、結果として仕事の生産性が上がると思います。
今回書いた記事はランニングを楽しむことを前提で気になったものを実践してもらえれば良いかなと思います。

ランチップス編集部 ランチップス編集部
ランチップスの運営スタッフがランニングが楽しくなる、トレーニングに役立つ情報を発信します。
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: ランニングを楽しむTips


関連するタグ
キュレーター紹介
ランチップス編集部
ランチップス編集部
ランチップスの運営スタッフがランニングが楽しくなる、トレーニングに役立つ情報を発信します。

no comments

SNSでランチップスをフォローしよう!